showcase32 7/22-8/2

showcase32

企画展:全館

会期:2022年7月22日(金)- 8月2日(火)

時間:平日:15:00-20:00  土日祝:13:00-20:00 水木休み 最終日19:00まで

出展作家:アラキドン・鴻上由衣・谷藤百音・峰松宏徳・葉江・吉田ショウヘイ

アトリエ三月ではshowcase32 pick up arttist!を開催します。


アトリエ三月ではpick up!showcaseと題して3会期連続でグループ展を開催します。

今年1月に開催したOSAKA indecompeの出展者を中心に、ご縁のある作家の方々にお集まりいただきました。

この機会に是非ご覧ください。


アトリエ三月

原康浩


/

アラキドン

● プロフィール

生活圏内で見つけたさまざまなモチーフを組み合わせて

心の拠り所としての像を制作しています。

●経歴

1996年

大阪生まれ

2018年

グループ展「揺れるボーダーライン」

(アトリエ三月・大阪)

2019年3月

京都精華大学芸術学部造形学科

日本画コース卒業

2021年2月

個展「天使になる練習 悪魔になる練習」

(アトリエ三月・大阪)

2021年2月

グループ展「2021年 第11回贈りもの展」

(ギャラリー恵風・京都)

2021年5月

公募展「第3回アートハウスおやべ現代造形展」入選(アートハウスおやべ・富山)

2021年7月

グループ展「3trois」(gekilin・大阪)

2021年10月

大阪文化芸術支援プログラム2021

作品展示・ライブペイント・館内装飾

「osaka laugh &art」(大阪市中央公会堂・大阪)

2021年10月

「3331 ART FAIR 2021」

(3331アート千代田・東京)

2021年12月

笹山直規キュレーション展

「Life is peachy」(ルンパルンパ・石川)

2021年12月

アトリエ三月年末展

(アトリエ三月・大阪)

2022年1月

ギャラリールンパルンパ コレクション展

「Rempah Rempah New art collection」

(ルンパルンパ・石川)

2022年2月

グループ展「2022年 第12回贈りもの展」

(ギャラリー恵風・京都)

2022年3月

グループ展「夜行」

(ギャラリー佐野・京都)

2022年5月

個展「ひなぎく」

(ギャラリー恵風・京都)

/

吉田ショウヘイ

【プロフィール】

大阪を拠点に、金属工芸作品を発表

夢や言葉などの儚いものからインスピレーションを受け、作品制作をしている。

【経歴】

2020年 空気はおだやか/gallery BlauKatze(大阪)

2020年 じぶんだけの天文学/サロンモザイク(大阪)

2020年 TATUYA ART COMPETITION 2022/gallery龍屋(愛知)

2021年 Tatsukon Selection2021/gallery達屋(東京)

2021年 3trois/gekilin.(大阪)

2021年 3331ART FAIR 2021/アーツ千代田(東京)

2022年 Osaka Indecompe/アトリエ三月(大阪)

2022年 10GO10 INTRODUCTION/gallery Blau Katze(大阪)

2022年 ART!ART!OSAKA/梅田大丸(大阪)

Profile鴻上由衣 Yui Kokami

1988 年 千葉生まれ 大阪育ち 成安造形大学でファッションデザインを専攻し卒業後、 主にインスタレーション作品を発表。2016 年からイタリアのフィレンツェにて

絵画を学び 2021 年帰国

無機質なモチーフを使用し制作することで、有機的な再認識を図る。 海外で美術を学び、生活してゆくうちに西洋と東洋の意識や考え方の違いを知り、日本思想 に興味を持ち始め現在は【見えないものを感じる】を目標に、輪郭、幾何学、影を意識した 絵画を描く。

Contact yuicchamakun@gmail.com

Show

2011 成安造形大学卒業制作展 優秀賞 滋賀

* 2014  アートストリーム リンクス賞 大阪

* 2015  リンクスギャラリー 個展 大阪

* 2016  アトリエ三月 個展 大阪

2016 スナバギャラリー グループ展 大阪 2016 アトリエ三月 グループ展 大阪

* 2016  鶴身印刷工場跡地 グループ展 大阪

* 2017  BAITA SON DEI PRADE

2019 MAAM グループ展2019 PAV ART グループ展2019 RISCARTI ART&CRAFT 出展 ローマ

* 2019  FLORENCE BIENNALE 出展 フィレンツェ

* 2020  GALLERIA ISOLOTTO グループ展 フィレンツェ

* 2021  THE DAWN 露天神の鳥居にて展示 大阪

* 2022  コンセプトストア SEE? グループ展 神戸

グループ展 コルティーナ ローマ

ローマ

経歴

2017 成安造形大学 ファッションデザインコース 卒業

個展

2018 『Pieces』 KUNST ARZT

2019 『Pieces』 KUNST ARZT

主な受賞歴・グループ展

2015『アート・コスチューム・アートvol.2』ギャラリー小西   

2015『せんのせかい展』 個展 BSギャラリー

2016 SEIAN COLLECTION『Empathy』京都文化博物館・別館

2016 第66回 西宮市展 西宮芸術文化協会賞 受賞

2017 成安造形大学 卒業制作展 2017 出品 優秀賞 受賞 京都市美術館

2017 SEIAN COLLECTION 『いろ』京都文化博物館・別館

2017『キ・レ・イ』gallery サラ

2017 毎日 DAS学生デザイン賞 出品 金の卵賞 受賞

2018 第68回 西宮市展 入選

2020『世界で一枚のシャツ』gallery サラ

2021 SEIAN ARTS ATTENTION 14『Re:Home』成安造形大学

2022『Osaka Indecompe 2022』アトリエ三月

峰松宏徳

1982年生まれ

2004年多摩美術大学油画専攻卒業

2005年Surrey Institute Of Art & Design (UK) デザイン過程修了

2006年から2017年の11年間、ベルリンに拠点を置き、アーティスト活動を行いながらキュレーターとしても活動。

2017年の日本帰国後は九州芸文館(福岡)、粕屋町歴史資料館(福岡)、だざいふ遊園地(福岡) などでキュレーター、遺物実測士、遊具整備員などの勤務を経て、現在はArtas Galleryでアート・ディレクター、デザイナーとして勤務しながら制作活動を行っている。

ベルリン、ロンドン、ニューヨークなどで展示、受賞歴多数。

ヘルタ・ベルリンと浦和レッズのサポーター。

平面作品、立体作品は“われたメガネ峰太郎”と“獄卒”、写真、デジタル作品は“ばかおばけ”名義でも発表している。

理由は批判された時に別人格になれる為。写真作品は心霊写真から影響を受けて制作されている。

作品のモチーフとなっている、おばけやゆうれいは引っ越しが多かった子供時代に、ふわふわとした自分を感じる事が多かった事から、自分はゆうれいみたいと思った事がきっかけで落書きに現れたものが、そのまま大人になってからも現れ続けている。

吉田 ショウヘイ

1992 大阪府大阪市生まれ

2015 大阪芸術大学芸術学部工芸学科金属工芸コース卒業

2017 大阪芸術大学大学院 芸術研究科芸術制作専攻博士課程(前期)修了見込

●展覧会

2016 第12回日韓現代美術同行展(兵庫県民アートギャラリー/兵庫)

 

 

●受賞歴

2015 第54回日本現代工芸美術展 現代工芸新人賞受賞

2015 第8回佐野ルネッサンス鋳金展 入選

2016 第58回大阪工芸展 大阪府知事賞受賞

2016 第8回高円宮殿下記念根付コンペティション 特別賞受賞

谷藤百音

主にグルーガン(エチレン酢酸ビニル(EVA))を使用した作品作りをしています。

グルーガンはホットメルト接着剤やホットボンドと呼ばれる接着剤です。グルーガンで糊(グルースティック)を熱して使用します。

グルーガンで点や線を描いたり、グルーガンが冷えて固まる前に薄く延ばしたりしています。支持体にチュール生地を使用することでグルーガンの独特の質感を活かしながらの制作が可能になりました。自分でもどうしてこれほどまでにグルーガンにこだわっているのか分かりませんがもう7年ほどグルーガンを使用した作品作りをしており、それでもまだまだ様々なアイデアが溢れてきます。

今後はインスタレーション作品や人が着用している写真を作品として残していきたいです。

アトリエ三月

大阪梅田 中崎町にあるギャラリー。アーティストランスペース兼酒場。画家の原康浩が運営しています。現代美術、絵画、イラストレーション、立体表現、アウトサイダーアートなど幅広いジャンルの表現を発信します。

0コメント

  • 1000 / 1000