庄司理子 「いつかきっと帰っておいで。」

カテゴリ

「いつかきっと帰っておいで。」

紙 ジェッソ アクリル

230×280

2019

大阪では3度目、一年ぶりとなる庄司理子2019年4月開催の個展「在りし夢の翌日」作品。

¥32,400 (税込)

庄司理子 個展「在りし夢の翌日」

企画展:全館

会期:2019年4月19日(金)-4月30日(火)

時間:平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00

/

「在りし夢の翌日」

全ては移り変わり変化する

いったいどのような幸せのために、いったいどのような生のために

人も物もそれ以外も

様々な要因によって生まれ、変化し、時に滅ぶ

けれど いつか全て消えてしまっても、無かったことにはならないよ

昨日の夢を覚えていなくても、きっと今日を生きていく

いつか迎える滅びまで

庄司理子

/

アトリエ三月では庄司理子個展「在りし夢の翌日」を開催いたします。2017年に初個展を開催後、大阪東京含めて3度の個展を開催し、4度目の個展開催となります。人物や風景を主なモチーフとして描いてきた彼女ですが実際に描いているのは彼女が日常の中で感じたであろう"空気"や"記憶"を忘れないように大切に絵に留めている。そのように感じています。それはただ"儚さ"だと言ってしまえるようなものでもなく、"在りし夢の翌日"であり、"いつか迎える滅びまで" は生きていくのだという力強さでもあるように思います。この機会に是非お越しください。

アトリエ三月 原康浩