アトリエ三月

大阪梅田、中崎町にあるART space、gallery。ジャンル問わず様々な美術、表現、ARTを発信しています。

記事一覧(102)

BEI/米澤美季 個展「bones」 1階 8/9-8/20

BEI/米澤美季 個展「bones」企画展:1階 gallery space 
会期:2019年8月9日(金)-8月20日(火)時間:平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00 
水木休み/アトリエ三月ではBEI/米澤美季の初個展を開催します。米澤はご縁がありアトリエ三月初期の2015年頃から当ギャラリーでのグループ展を数回重ね初の個展開催となります。大学でテキスタイル学科を卒業後社会人をしながら制作を続けています。数年前から刺繍の要素が強くなり今の作品に至ったようです。様々な動物を刺繍などで色とりどりに表現する他、今回は骨などもテーマにして制作しました。この機会に是非お越し下さい。 /BEI/米澤美季1989年生まれ大阪成蹊大学芸術学部
テキスタイルファッションデザインコース卒業 
2015年頃から手刺繍を用いた作品作りを始める。刺繍の果てしない作業量と細い糸で面を埋めつくしていく、繊細かつ大胆な表現が出来る所に惹かれ、生物を形成するモノをモチーフに制作している。特に骨は創作意欲の源。関西を中心に展示活動やイベント出店などで刺繍を用いた雑貨(アクセサリー/ブローチ/バッグなど)の販売も行っている。〈主な展覧会経歴〉2014年 「14 fruity art works」
(GALLERY&SPACE DELLA-PACE/神戸) 
2015年「Plant Plante Fleurir!」(イロリムラ89画廊/大阪) アトリエ三月企画公募展「描かないことが美しい」(アトリエ三月/大阪) 「あかマルシェ」(中之島公園芝生広場/大阪)レビュワー賞受賞 「おざぶ」(ワヲン/大阪) アトリエ三月年末忘年会企画「脚力」(アトリエ三月/大阪) 
2016年 「ひとり脚力展」(アトリエ三月/大阪) アトリエ三月公募展「三月の会yayoi」(アトリエ三月/大阪) アトリエ三月Bar一周年記念展「水無月の市」(アトリエ三月/大阪) ふたり展vol.2「emission!!!」(2nd SPACE KOBE/神戸) アトリエ三月×ART SPACE AZITO合同展「基地外」(アトリエ三月/大阪)アートイベント「Fitting」(PINE BROOKLIN/大阪) 
2017年 梅田0号展 (芝田町画廊/大阪) ダークアート展 (芝田町画廊/大阪)銀賞 SHOW CASE vol.4「chaos」(アトリエ三月/大阪) 
2018年 SHOW CASE vol.5「素材/支持体」(アトリエ三月/大阪) SHOW CASE collection(アトリエ三月/大阪) 「GALA」(イロリムラ89画廊/大阪)「MAGIC GIRL」(ギャラリースペースパウゼ/東京) アトリエ三月 presents 「Pppppppppppppppop summer!!!!!!!!!!!」
(阪急百貨店梅田本店 SOUQ/大阪)公募展 「1000の小箱展 」(感覚ミュージアム/宮城) 環境開発公社エムシーエム賞受賞OSAKA ART & HANDMADE BAZAAR vol.29(ATCホール/大阪) アトリエ三月年末展2018(アトリエ三月/大阪) 
2019年 「meets up! MARCHE vol.9」(ギャラリー1616/大阪) OSAKA ART & HANDMADE BAZAAR Collection in 大阪タカシマヤ vol.7(大阪髙島屋/大阪) 個展 「BONES」(アトリエ三月/大阪) 

山村祥子個展 ほぐす、あわせる 2階 7/19-7/30

山村祥子個展 ほぐす、あわせる 二階 small space 2019年7月19日(金)-7月30日(火) 平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00水木休み 山村祥子 1984年 兵庫県在住。 都市の消費者生活に焦点を当て、パフォーマンスやインスタレーション、マルティプルの制作などを行う。他者(もの・こと・ひとを含む日常の環境)に関して立ち止まり内省する、敬意や優しさを表すといった他に向かう態度を作家自身そして作品がモデルとなり、問いかけることを大きなテーマとしている。 [略歴] 2010年 カリフォルニア美術大学院 ファインアート学科テキスタイル専攻 卒業 2008年 クリーブランド美術大学 視覚芸術・テクノロジー学科ペインティング専攻 卒業 [個展/二人展] 2019年 二人展「ほぐす」 銀座奥野ビル306号室プロジェクト, 東京 [主なグループ展] 2019年 「都市の幽霊」 GalleryFREAKOUT,東京 2018年 「年末展」 アトリエ三月,大阪  「オル★テラ 3」 妙善寺,東京  「第7回 せんだい21アンデパンダン展2018」 ギャラリーターンアラウンド, 仙台  「OHANAMI」 アトリエ三月, 大阪  「Alumni Exhibition 2018」 クリーブランド美術大学, クリーブランド, U.S.A. 2017年 「年末展」 アトリエ三月,大阪 2016年 「MIGRATION // 移住・渡り」 PINE BROOKLYN, 大阪 2010年 「カリフォルニア美術大学MFA卒業制作展」 2009年 「Degrees of Separation」 Visual Arts and Technologies Coventry Center, クリーブランド, U.S.A. 2008年 「unclothed: A Mixed Media Runway Event for Fashion Week Cleveland 2008」 Sammy's in the Flats, クリーブランド, U.S.A.  「Positioning the Real: The Authentic Artifice」 Cleveland Foundation Center, クリーブランド, U.S.A. / 服は身体保護、所属を表すもの、自分らしさやその時々の気分を表す手段など、現代都市の生活には欠かせない物だ。また、皮膚の拡張、自他との境目、身体内外の境界的存在とも捉えられる。都市においては「ファッション(流行)」という形で各国のファッションウィークに予測される、時代のムード(気分)を司る。その一方、特にファスト・ファッションの台頭で大量生産・大量消費が当たり前となり、環境問題や労働問題などとも結びついている。問題解決の一つとしての批判は必要だが、批判されるシステムの一部として、消費者という立場から内省的に消費と向き合う態度が存在しても良いのではないかと考える。

以前「Looking to Regard(みる)」(2010年)というタイトルで、サンフランシスコの街中で路上に捨て置かれた服を拾い、綺麗にし、自らの不要となった服とともに縫い目をほぐし、コラージュのようにパーツを縫い合わせて再び身に纏う事が出来る作品を制作した。これは最終的にインスタレーションとして展示されたが、この手間がかかる、儀式的なプロセス--つまり、服を「他者」と認識し、その存在を意識し、相互に影響し合うプロセス--が最終制作物と同じくらい重要であることに気づいた。また、なぜ私は服という物にあえて非合理な時間をかけ、敬意を表したがるのか、これは全てのものに魂が宿ると育てられ、また自らもそれを信じてきた私の、日本的感覚から発生したと思われる。このプロセス重視のスタイルは、最近発表した「ほぐす」(2019年)というひたすら服をほぐしていくパフォーマンスや2019年7月公開の「ほぐす、あわせる」にも受け継がれている。 / アトリエ三月では山村祥子個展を開催します。長く制作することと離れて社会人として生活してきた山村にとって制作を再び本格的に再開してからの初めての個展となります。一時期はペインティングなどの表現方法にも挑戦を続けてきましたが今回は再び服を使ったインスタレーション作品の発表となります。この機会に是非お越しください。   アトリエ三月 原康浩 

下浦萌香 個展 「ひとかけらとひとかけら」1階 7/19-7/30

下浦萌香個展 ひとかけらとひとかけら 一階 gallery space -ARTstream2018 アトリエ三月賞受賞展- https://www.osaka21.or.jp/event/artstream/ 2019年7月19日(金)-7月30日(火) 平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00 水木休み/ 下浦萌香/Moeka Shimoura 1995 東京生まれ 大阪育ち 2018
大阪教育大学 教育学部教養学科 芸術専攻美術コース 卒業 大阪教育大学大学院 教育学研究科 芸術文化専攻 在学 【主なグループ展/公募展】 2018 ARTstream 2018 /心斎橋大丸 「第五回一展」/イロリムラ[89]画廊(大阪) アトリエ三月年末展 /アトリエ三月(大阪) 2019 show case vol.9 形/form vol.3/アトリエ三月(大阪) 【受賞】  2018
ARTstream 2018  アトリエ三月賞 / 私は、日頃、「自分にとって好きな色は何色か?」「好きな色調は何か?筆致は?モチーフは?」というように、自分の好きについて考えています。
そして、「自分の好き」を収集し、組み合わせて「大切なもの」を作りたいと思っています。 / アトリエ三月では2018年、心斎橋大丸にて開催された『ARTstream2019』のアトリエ三月賞を授与させていただいた下浦萌香個展を開催します。主に抽象絵画を表現方法としており、身近にある偶然できた痕跡などをモチーフに作品を制作しています。また、個人的には油絵具や顔料、乾性油などに対する探究心に関心させられました。今回の個展に合わせて大型作品を制作します。この機会に是非起こし下さい。 アトリエ三月 原康浩 

大東真也 個展 「構築されていく記憶」全館 7/5-7/16

大東真也 個展 「構築されていく記憶」2019年7月5日(金)-7月16日(火) 最初の3日間ナイトビューを開催します!7月5日(金) 15:00~22:007月6日(土) 13:00~22:00 7月7日(日) 13:00~22:007月8日(月)-7月16日(火)  ※通常営業平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00水木休み  【ギャラリートーク】 《構築されていく記憶の構築》  7/6(土) 20:30~ ゲスト櫻岡 聡 氏(FINCH ARTS) finch.link 葛本 康彰 氏(彫刻家) https://kudzumoto.com/大東真也 DAITO Masaya1995年4月6日滋賀生まれ 2018年 大東真也 個展 必然的な事だが偶然的な運命 (KUNST ARZT・京都) --------------------------------------------------------------------------------------- 2018年 平成30年度滋賀県次世代文化賞受賞 2017年 第71回滋賀県展・芸術文化祭賞(大賞) 重力と自重を利用し、ガラス瓶を自
然任せに溶かす方法で制作していま
す。今回の展覧会では、今まで発表
してきたガラス瓶を集積させたシリ
ーズの作品とガラス瓶の首が伸びた
シリーズの作品の制作時のプロセス
の重要性を提示します。また新たな
るアプローチの作品も展開し記憶の
構築というテーマで展示を行います。/瓶を溶かし、その偶然とも必然とも捉えることのできる独自の美しいフォルムで制作を続ける大東真也の個展を開催します。何本もの瓶が絡み合い、繊細でかつダイナミックな作品を作り続ける彼の、今回のテーマは「構築」。近年は立体造形として一点一点の作品を見せることに加え、インスタレーション作品として空間に対してのアプローチなども多く見られます。この機会に是非お越し下さい。アトリエ三月 原康浩  

アトリエ三月 4周年competition "FLAG"

アトリエ三月 4周年 competition ”FLAG” 
2019年6月14日(金)-6月25日(火) 平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00 水木休み●賞:
FLAG賞 副賞:2020年以降の企画展開催  他パーティ : 4周年パーティ   6月22日(土)19:00〜作家交流会&授賞式  6月23日(日)19:00〜/出展書アラキドン安藤言井口舞子加藤 舞子かわの めぐみ菊村 詩織木村友南きりすみさク渦群幸得冬花小林華衣さかもとめぶきサワダモコ杉浦由紀多田朱里寺岡りん廣田 くみこ松浦知子南 あやかムーむくむくしたけもの百世山田 遼介床下重工夜中 むに渡辺 絵梨奈來迦 結子chitose chitoseFUROtsubasa.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          /アトリエ三月は2019年6月で4周年を迎えます。 4周年となる今回は5年目を見据え更なる飛躍とする為にコンペを企画させて頂きました。 本展の賞受賞者は2020年以降の個展開催権、グループ展開催権等をご用意させていただきます。 私達アトリエ三月が旗を掲げ皆様の活動の道しるべとなるようサポートをし、今回審査の末にご参加頂く30名の作家の皆様が自身の活動に大きな旗を立てられるよう4周年competition " FLAG "を開催します。 
アトリエ三月主宰 画家・美術家 原康浩 

show case vol.11 ” Border " 2階 5/31-6/11

show case vol.11 ” Border " 2019年5月31日(金)-6月11日(火) 平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00 テーマ:
企画展:2階small space●出展作家 河原悠サトウナツキ蛇目未塵子 アトリエ三月ではshow case vol.11 ” Border " と題しまして、インサイドとアウトサイドを行き来する4名のアーティストの展覧会を開催します。河原は立体彫刻を軸にし、平面と立体彫刻とのアプローチを行き来します。サトウはイラストとコラージュといった二つの表現軸を持ち並行して制作を続けています。蛇目は独学で絵画を習得し、アウトサイダーでありながら海外のアートフェアなどでも活躍を続けるアーティストです。未塵子は専門学校でイラストを学び、動物や人などのモチーフが多い中、内面をえぐり取られるような人間臭い表現が目立ちます。4名それぞれが普段相入れないような表現スタイルの中"Border"としたタイトルのなかで新たに生まれる化学反応を是非お楽しみ下さい。/河原悠   1988年生まれ 京都精華大学 立体造形 卒業  2017年 show case vol.1 形/form アトリエ三月2018年 show case vol.6 形/form 2 アトリエ三月                個展「Existence Matter」 アトリエ三月+ AIDA gallery/サトウナツキ 1992年三重県出身 京都精華大学版画コース卒業 
日々の記録をもとにして、イラストレーションとコラージュを行き来しながら時には言葉を添えながら、作品制作、発表をしています。 2018年 3周年前期 Show case “girls”  アトリエ三月2018年 個展「映る生活は水分となり、」 アトリエ三月 twitter kinoco3_io HP https://279st.jimdo.com//蛇目1982年生。  2007年ごろから作品の展示発表活動を開始  2009年から現在の作風になる。  個展・グループ展など参加多数。/未塵子(みじんこ) 1984年生まれ 子年 4人兄弟の3番目 
2006年 大阪総合デザイン専門学校イラストレーションコース卒業
    チーム未塵子展「ヘタじゃないよ、ウマく描けないだけ」
    ミロコマチコ+未塵子「絵本と人形 デラックスバーガーセット」 2008年 個展「子猫の宿題」iTohen(大阪) 2011年 個展「隅っこの子」galleryCOLOR(神戸) 2015年 未塵子と公募作家による「家のお母さん」アトリエ三月(大阪)
    第63回芦屋市展ターナー色彩株式会社賞受賞(芦屋市立美術博物館)2016年 台北レトロ印刷JAMにてグループ展「混沌大阪」2017年 第64回芦屋市展入選(芦屋市立美術博物館) 2018年 チーム未塵子展「明日もたぶん生きてるよ」アトリエ三月(大阪)
    その他 おんさ、アートストリーム、アートダイブ、デザインフェスタ、GEISAIなど出展経験有り

石まつり × 石フェス! 出店グッズ・アート作品募集! 6/29.30 難波神社

石まつり × 石フェス!   開催期間:2019年6月29日(土)11:00-17:00             30日(日)11:00-16:00 
会場:難波神社 一階二階集会室
   〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町4丁目1−3 
2015年より毎年夏に開催している石をテーマにしたアートイベント「石フェス」が今回、鉱物などを専門にイベントを開催している「石まつり」とコラボすることとなりました!そこで石フェス!ブースでは「石」や「鉱物」をテーマにしたイラスト、アート作品、雑貨等々を募集します。オリジナルイラストのポストカードやグッズ、石に纏わるものであればOKです。関西では鉱石イベントにARTや雑貨などで出店できる貴重な機会となります!是非ご応募下さい。応募多数の場合は選考となりますのでご了承下さい。 募集テーマ:上記のイベント内で石フェス!ブースより委託販売させて頂ける石・鉱物に関するグッズ・雑貨・アート作品////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////●「石まつり♪」って・・・?
関西では少ない鉱物・宝石・天然石のイベント。第6回は2019年6月29日~30日の2Days開催です!
若手作家から有名老舗が、世界の鉱物や宝石を携えて難波神社に集結!初めての方からプロの方までフリマ感覚で楽しんでもらえるイベントですhttps://ishimatsuri.com//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// ●出展料1500円 ●売上マージン3割頂戴致します。 
1800×600の長机2つ分に約15名~20名の作家が入る想定です。 出展作品、グッズはこちらでお預かりし、販売までをこちらにお任せさせて頂きます。 お一人約30cm×60cm内に収まる範囲の石・鉱物・宝石に纏わるグッズ・アート作品を募集します。 作品の規定として「石」「鉱物」「宝石」にちなんだ手作り作品(アクセサリー・雑貨)グッズや、イラスト、アートなどのグッズ等。石、鉱物、宝石のままでの出店はできませんのでご了承下さい。 
応募者多数の場合は選考となりますのでご了承ください。 募集締め切り:5月26日(火)  ・本名/ふりがな ・作家名/ふりがな ・住所 ・電話番号 ・メールアドレス ・HP(あれば) ・SNS twitter/instagram(あればそれぞれ) ・他、作品、グッズ画像を確認できる媒体、写真上記を記載の上、sangatsu@y-harahara.netまでお申込みください。 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
※以下、出展確定後の規約となります。出展確定致しましたらご用意下さい。 
出展規約 納品書を同封してください。 グッズには全てに値札(シールなど)をつけ値札にはアーティスト名と、値段+税の表記を記して下さい。 

山田太郎 ポストカード 150円+税 / ¥150-(+tax)
※商品名は省いていただいても構いません。 郵送費はご負担下さい。(搬入元払い・搬出着払い) イベント終了後1週間以内にそれぞれの売上を振り込みさせていただきます。 売上振り込みのための銀行口座をお伝えください。直接搬入:6月29日(土)9:00〜9:30までに難波神社の会場へ直接お持ちください。 郵送搬入:6月28日(金)14-16時指定で難波神社の会場へお送りください。 
直接搬出:6月30日(日)16:00以降17:00までに会場へお越し下さい。(※売上お支払いは後日となります。) 郵送搬出:イベント終了後順次着払いにてお送りします。

その他ご不明な点ございましたらお気軽にご相談ください。

アトリエ三月 4周年コンペ "FLAG"出展者募集!!

募集は締め切りましたテーマ: 特になし・ジャンル不問(平面絵画・インスタレーション・立体・写真・音楽・パフォーマンス・他)公募展:全館 /アトリエ三月は2019年6月を持ちまして4周年を迎えることとなりました。これも全て支えていただいている皆様のおかげです。今まで、3回の周年企画を行ってきましたが今年度は5周年を見据え更なる飛躍の為にコンペを開催する運びとなりました。アトリエ三月では今までも公募展と言う形で様々な展示を行ってきました。今回はそれに加えて2020年度の個展開催権、グループ展開催権等をご用意します。私達アトリエ三月が旗を掲げ皆様の活動の道しるべとなるようサポートをしつつ、また、皆様自身も今回のコンペを通じて自身の作品や活動に対して大きな旗を立てられるような意欲的な作家を募集します。

アトリエ三月 原康浩 /作品規定:横幅約1mに収まる範囲の作品 作品は複数点でも構いません。展示は組み作品でない限りこちらに任せていただきます。 出展には審査がございます。予めご了承下さい。3月20日以降二日以内に出展の合否をお伝えいたします。●締め切り:3月20日(水)●賞:2020年以降の個展開催権、グループ展参加権、他 ※個展開催時は企画展扱いとなり、出展料無料、販売成立時のマージンを半分頂戴します。他、お気軽にご相談ください。●会期:2019年6月14日(金)-6月25日(火) ●時間:平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00 
●搬入:6月9日(日)-11日(水)営業時間中にアトリエ三月にお持ちください。 ●郵送:搬入搬出を郵送ご希望の場合は搬入は6月11日午前中指定でお送りください。搬出は着払い郵送となります。できればクロネコヤマトで、着払い伝票を送付して下さい。梱包手数料として+1000円頂戴します。 ※設営は全てこちらで行います。特別な展示方法がある場合は指示表を送付してください。 ●搬出:最終日19:00-21:00 郵送搬出以外の方●出展料:6500円  ※郵送の場合は梱包手数料として+1000円頂戴します。 出展料のお支払いは4月末までに直接ギャラリーにお持ちいただくかお振込となります。

お振込先 三井住友銀行 梅田支店 普通 8880365
※郵送搬入の場合は梱包手数料として+1000円頂戴します。 ※振込手数料はご負担下さい。  ●人数:30名⚫︎応募方法:
・お名前(ふりがな)・アーティスト名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス
作品画像もしくは閲覧できるサイトなど
上記をメール(sangatsu@y-harahara.net)にてお送りください。 ●マージン:一律30%頂戴します●キャプション:こちらで作成します。・タイトル ・素材 ・制作年月日 ・税抜き値段 を搬入時メモでお持ち頂くかメールでお送りください。●販売:作品には必ずサインを入れて下さい。※立体、インスタレーションは入れなくても可●グッズ:販売の場合は値札をご用意下さい。グッズに関してのみ税込値段でも結構です。●プロフィール:会期の2ヶ月前までに作品画像とプロフィール、ステイトメント(あれば)等の情報を提出してください。●ドネーション:アトリエ三月では入場料などをいただく代わりにドネーション(投げ銭)BOXを設置しています。作家側からもギャラリー側からも「ARTはタダで見れて当然」という意識を変えていく為積極的にアピールしてください。出展者、アトリエ三月で分けます。●BAR営業:展覧会期間中、毎日奥の小スペースにて会員制、紹介制のBAR営業がopenします。その間もgalleryはご覧いただけますが場合によっては騒がしくなる、など19時以降展示に支障をきたす場合があります。ご了承ください。