アトリエ三月

大阪梅田、中崎町にあるART space、gallery。ジャンル問わず様々な美術、表現、ARTを発信しています。

記事一覧(49)

Show case vol.7 街・人 5/18-5/29

2018年5月18日(金)-5月29日(火)水木休み平日15:00-19:00 土日祝13:00-19:00小西創太・鈴木智文・中川潤・八太栄里/小西創太【略歴】1992 生まれ 2015 京都精華大学芸術学部造形学科洋画コース卒 2016 ブレたりボケたり●6/ギャラリーアビィ     三月の会 yayoi/アトリエ三月     BAR一周年記念展 「水無月の市」/アトリエ三月     「PEOPLE's CHOICE」展/ソラリス     南船場フォトウォーク2016           向こうがわ●5/ギャラリーアビィ     亜蛮人三月空白年末展 2017 yayoi展/アトリエ三月     石フェス!2017/アトリエ三月  Instagram:konishiimonkyTwitter:@Konishiimonky/鈴木 啓文 hirohumi suzuki1966年大阪生まれ紙に鉛筆で、目の前にあるものを割とそのまま描く新旧混在する景色などが好み1989年NORTH FORT(大阪市北区)以降クロッキー、スケッチを壁にそのまま貼るかたちで発表し続ける。/中川 潤1981年 大阪生まれ、京都在住。画家。スケッチを軸に、その過程で生じるズレを手がかりに制作/八太栄里1989年京都府亀岡市生まれ 2011年大阪デザイナー専門学校研究科卒業2014年から美術作家として各地で個展を開催し、グループ展、アートフェアなどにも多数出展。時の経過の中で取り残され、忘れ去られていくものが放つ存在感に注目し、その土地の気配や記憶、そこにまつわる人の記憶や魂など、目に見えないものの形を想像し画面に現すことを目指している。ありふれた景色を拾い、絵画として成立させることで日常の見方を変え、新たな思考を働かせるきっかけを展開する。画材は主にアクリル絵具。ホームページ http://ellie.egoism.jp<主な個展>2018いたかもしれない|GALLERY SPOON|大阪2017気配、滅んでいくまで|GALLERY龍屋|愛知暮れる日|AIR南山城村|京都心象とドローイング| GALLERY SPOON|大阪エンドロール| The Artcomplex Center of Tokyo|東京2016Missing|芝田町画廊|大阪2015いつかの海のよう|The Artcomplex Center of Tokyo|東京2014昨日の光-記憶のゆくえ-|芝田町画廊|大阪昨日の光| The Artcomplex Center of Tokyo|東京

umemoto個展「夜がふやける」3/30-4/3

2018年3月30日(金)-4月3日(火)平日15:00-19:00 土日13:00-19:00ジャンル:写真 貸し/写真によって捉えたいものは詩情で、わたしにとってのそれはノスタルジーと近しいところにあります。というのは、写真に残す瞬間や街や人に感じるしみじみとした懐かしさが、自分が体験したところのものではなく、なべて映画や小説、あるいは詩によって追体験したものだからです。わたし自身の日々の記憶というのはほとんどあいまいになっていて、そのいたたまれなさや危うさを、追体験した記憶を写真で再現することによってなんとか補っているような気がしています。 昔観た映画、読みかけの本、今はもういない公園の恐竜、屋上遊園地や何が建っていたのか思い出せない空地。ここにある写真はすべて集合知的な記憶の断片です。反復される光景の中で毎日少しずつ置き去りにしてきた心を、それらをひとつひとつ拾って集めることのさみしさやむなしさを、写真というかたちで収めました。「写真はすべてメメント・モリである」という言葉にあるように、自分自身あるいはみなさんの胸懐にあるもの、感傷や郷愁、それらを深く思う写真の性質にシンパシーを感じ、日々の制作の指針としています。/umemoto1992年生まれ 大阪在住2015年 関西学院大学美学芸術学専修 卒2017年5月 「モノクロ写真展」出展(長居パークサイドギャラリー)2017年7月 「PEOPLE’s CHOICE展」出展(ギャラリー・ソラリス)2017年12月 「アトリエ三月年末展」出展(アトリエ三月)2018年3月-4月 個展「夜がふやける」(アトリエ三月)

きゃらあい 個展 「煙に巻く」

2018年2月23日(金)-3月4日(日)平日 15:00-19:00 土日祝 13:00-19:00 ※日曜最終日ジャンル:平面 企画・プロフィール文1996年生まれ、大阪府在住。2009年頃からインターネット上で作品の発表を始める。2014年から展示活動を開始し、2015年に初個展を開催。絵画制作の他に、楽曲PV、CDジャケットへのイラスト提供や、子供向けワークショップの講師などの活動も行う。・展示ステートメントきゃらあいの3度目となる個展を開催いたします。地元・大阪では初となります。ひとによる、ひとらしい行為や、ひとが作り出したモノに興味を持ち、制作をしています。子供の頃、工場の煙突から立ち上る煙を見ながら、近所の公園で遊んでいました。ひとが汚した川や海、考えてみれば決してきれいとは言えない環境の中過ごしていましたが、自分の地域には愛着や思い出があり、汚いものもきれいに感じてくることがあります。ひとの浅はかな行為を「ダメ」と思わず、「仕方ない」と思いたいのは、ストレスを感じずに生きるために、様々な事をあやふやにしてしまいたいという「弱さ」からなのかもしれません。ですが、それを受け入れて、そこからどう生きるのかを絵を描きながら考えていきたいと思っています。本展示では、主に煙や人工物をテーマとしたペインティング作品とドローイング作品を、新旧織り交ぜて展示・販売いたします。